| 当店について | お知らせ | 波左間の海 | 料金 | 予約・問合せ | ギャラリー | 海日記 | 波左間図鑑 | リンク |

ポイント紹介

★ 高根
水深 -10~21m
波左間のメインポイント!
南北に伸びた大きな根の周辺を潜ります。
潜降ロープのすぐ近くにある高さ4mの大鳥居では、
大きなコブダイたちが毎日エサをねだりにやってきます。
安全潜水を祈願できる海底神社や中で飲食もできる水中ドームがあるのもこのポイント。
砂地、岩礁、礁原と様々な環境がそろっているので、見られる生物相も随一です。






★ マンボウランド
水深 -7m

言わずと知れたマンボウたちと泳げるポイントです。
直径50mの生簀で、定置網にかかってしまった大型魚類を
一定期間飼育しています。

冬から春にはマンボウ、夏から秋にはイトマキエイやジンベエザメといった
憧れの大物たちを間近で見られるすごいポイント。

ダンゴウオやタツノオトシゴなど、マクロ生物も豊富なので
ワイド派もマクロ派も楽しめるポイントです。

水深も浅いので、体験ダイビングやビギナーでも安心!




★ ドリーム
水深 -16~24m

一辺2mの枠型のコンクリートを4段積み重ねた人工漁礁。
巨大なジャングルジムを想像してもらうとわかりやすいかも。
穴の開いたコンクリートをくぐって遊ぶだけでも丸々1本遊べるほど楽しいポイントです。

次に紹介するニューパラダイス・タイヤ漁礁・新漁礁へ
潜る際のベースポイントにもなっています。





★ ニューパラダイス
水深 -24m

砂泥底にドリームよりも小型のコンクリートブロックを
ちりばめたポイントで、ここもソフトコーラルが発達しています。
魚影の濃さでは波左間随一。
漁礁を覆い尽くさんばかりのネンブツダイやイサキの群れは圧巻です。

秋にはニシキフウライウオやハダカハオコゼといった
激レアな季節来遊魚が集まりやすい不思議なポイント。




★ タイヤ漁礁
水深 -24m

何百というタイヤを積み上げた大きな漁礁です。
ここでは波左間の他のポイントではなかなか見られないハナダイがたくさん。
サクラダイ・アカオビハナダイ・カシワハナダイ・スジハナダイなど魅力的なハナダイがたくさん見られます。




★ 新漁礁
水深 -16~24m

波左間では一番新しいポイント。
高さ4mのひし形の穴が開いた巨大コンクリートブロックでできています。
まだ新しいのでソフトコーラルは少ないですが、
たまに潜るととんでもないものが見つかったりするところ。




★ パラダイス
水深 -20m
ニューパラダイスを小規模にした感じのポイント。
最近では滅多なことは潜らなくなってしまいました。
けど、潮あたりがいいことと人が入らないおかげで
ソフトコーラルはとても元気です。


★ ピラミッド
水深 -17m
何がピラミッドなんだかよくわからない・・・
砂泥底のポイントで、コンクリートの漁礁が点在しています。
泥ハゼは他のポイントでも見られるけど、
カスリハゼはなぜかここでしか見られません。

コンクリゾーンを中心に、周りにはロードローラーや
多数のフォークリフトなど、謎なポイント。




★ 浅根
水深 -7m

高根から陸の方へ泳いでいくとつながるポイント。
岩礁が潮の流れで爪痕のようにえぐられた地形をしています。
海が荒れて他が潜れない時ぐらいしか行かないけど、
たまにすごい生物がいたりして見逃せないポイントです。




★ 平根
水深 -16m


★ スペシャルポイント
水深 -45m

波左間最大の大深度ポイント。
サクラダイやナガハナダイなど深場ハナダイが舞う憧れのポイント。
大深度のため上級者オンリーです。


★ ビーチ
水深 -3m
講習用に開放しているポイントなので
ファンダイビングで潜ることはありませんが、
浅場にさんさんと降り注ぐ光が白砂に当たってとても癒されます。
ウミウシの種類も多く、ウミウシ好きな方の中にはここを好んで潜る方もいます。




inserted by FC2 system